横浜の心理カウンセリング・コーチング・経営コンサルティングのビジョナリーマインド/日本セルフエンカレッジ協会

メールカウンセリングの手順

ここでは、メールカウンセリングの流れについてご説明します。(3回パックの場合)

お問い合わせ・お申し込みフォームもしくはメールにてお申し込みください。
 メールアドレスは、info@selfencouragejapan.com です。
 ↓
・こちらからお申し込み受付のメールを送らせていただきます。
 ↓
・お申し込み受付のメールに記載しております銀行口座にカウンセリングの料金をお振込みください。
 ↓
・ご入金を確認しましたら、こちらから入金確認のメールを送らせていただきます。
 その際に、この後の流れについても再度ご連絡させていただきます。
 ↓
・ご連絡させていただくメールアドレスに、ご相談内容をお送りください。
 ↓
・その内容を受けまして、こちらからカウンセリングのメールを送らせていただきます。
 内容によって、気持ちを整理するためのご質問をさせていただいたり、
 自分の気持ちに気づくワークなどを行っていただくこともあります。
 ↓
・カウンセリングのメールに対してのお返事やご質問、ワークの結果、
 さらにお話になりたい内容などをメールにてお送りいただきます。
 ↓
・それを受けまして、こちらから2回目のカウンセリングのメールを送らせていただきます。
 このやりとりを、3回目のカウンセリングのメールを送らせていただくところまで行います。
 ↓
・3回目のカウンセリングのメールを送らせていただく際に、
 ここでカウンセリングを終了されるか、引き続きカウンセリングを受けられるか確認させていただきます。
 一旦終了されて、またカウンセリングを受けたくなったら再開することも可能です。

 このような流れでカウンセリングを行っておりますが、ご質問やご心配な点がありましたら、
 お問い合わせ・お申し込みフォームから遠慮なくご連絡ください。

メールカウンセリングの特徴

メールでのカウンセリングになじみのない方もいらしゃると思いますので、メールカウンセリングの特徴をご説明します。
また、合わせてメールでのカウンセリングでの注意点もお伝えします。

特徴
・メールなので相談しやすい
 カウンセリングで相談したい内容によっては、面と向かって話しにくいことがあります。
 また、直接カウンセラーを目の前にすると、緊張して話しにくいこともあるでしょう。
 メールの場合、緊張せずに自分の悩みや思いを吐き出しやすいという特長があります。
 面と向かってだと言いにくいことでも手紙にすると気持ちを素直に表現できるということがあるように、文章にすることで自分の本当の気持ちや悩みを表現しやすくなります。

・考えをまとめやすい
 カウンセリングの中では、カウンセラーが質問をさせていただくことがあります。
 その際に、メールだと時間をかけて自分の中で考えをまとめたり、自分の感情を自分の中で確かめてから質問に対する返答をすることができます。

・低価格でカウンセリングを受けられる
 対面でのカウンセリングの場合、1回で数万円かかることも珍しくありません。
 それに比べて、メールカウンセリングの場合、低価格でカウンセリングを受けることができます。

注意点
・文字のみでのやりとり
 メールでのやりとりですので、文字のみでのやりとりとなります。
 そのため、お悩みの内容や感じている気持ちについて詳しく書いていただくことが必要となります。

・タイムラグが生じる
 メールでのやりとりですので、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。
 できるだけ早めの返信を心がけてはおりますが、お返事に数時間から数日かかることがあります。
 その代わり、自分の気持ちや考えをじっくりと見つめ直すことができます。


ページトップへ
Copyright © 2019 横浜の心理カウンセリング・コーチング・経営コンサルティングのビジョナリーマインド/日本セルフエンカレッジ協会 All Rights Reserved.